ごまのしつけ

ごま一歳になるまで

猫と一緒に暮らすにあたって、しつけについて考えました。

してほしくないこと

①人に噛みつく

②テーブルに登る

③キッチンのシンクに登る

それ以外、よく猫本に書かれてるカーテンや壁での爪とぎは猫と一緒に暮らすのだからある程度仕方ないか、とバリバリしても叱らないことにしました。

まず①。噛みつかないようにするには、

★手で遊ばない

手をおもちゃと思うから噛みついてくる

★噛み付いてきたら大きな音を立てる

「こら」とか「痛い!」とかがよい。名前を呼んで怒るのは名前を嫌なイメージと結びつけるからよくない

★指を噛んできたら指を奥に押し込む

おえっとなるから噛まなくなる

ですって。小さい時から実践しました。

結果。

f:id:gomakawaii:20180721114208j:image噛みます。

無駄噛みはしませんが遊んでてテンション上がった時や遊んで欲しい時、がぶっときます。噛まれたらこらっと言って追っかけてしまうのでこれが面白いらしい(後悔)指はおえっとされるので縦には噛みません。横に噛む(賢い)

②について。テーブルに登らないようにするには

★登ったら霧吹きで水をかける

登ったら嫌なことがあるという天災方式が有効。顔を見ずにプシュッとかける。怒りながら目を見てかけると嫌われます。

★テーブルにガムテープを輪っかにしたり両面テープを貼る

ネコは足がベタベタするのが嫌だから登らなくなる

★大きな音を立てる

これも天災方式。登ると嫌な音がなると覚えさせる

霧吹きと音を立てるのを採用しました。(ガムテープ貼ってたら生活に不便だから)

結果

f:id:gomakawaii:20180721112633j:imageどーん!

f:id:gomakawaii:20180722180047j:image

ダイニングテーブルにもどーん!

失敗いたしました。ずーっと登る→プシュッ登る→プシュッを繰り返して三ヶ月。登ります。さすが水に強いネコベンガル。もういいか、と私たち夫婦が話したのが分かるのかその日を境に堂々とテーブルに登るようになりました。

③について、キッチンのシンクに登らないようにするには、②のテーブルと同じです。

予想がつくと思いますが…

失敗しました。

f:id:gomakawaii:20180721113819j:image

換気扇の上までどうやって登ったの!!

登ってほしくなかったのは、コンロの火が危ない、何かしらなめる、玉ねぎの切りくずとかが落ちてて食べたら危ない、とかいう理由でしたが火を使うときにはキッチンから閉め出して、玉ねぎとかには私たちが気をつければいい、キッチン使用後は毎回拭けばなめるものもない!

スポンジにものすごく興味があって、引きずってリビングまで持ってくる(!!)のですが、じゃあスポンジを使い終わったらしまえばいい、とごまへの制限を極力排除することにしました(私の仕事は増えましたが)

まあ、おかげでキッチンには物が少なくキレイに保てております。ありがとうごま。

コメント